金融食品文化美容仕事教育旅行人気運勢健康

   トップページ | 新着記事 | 注目サイト

妊娠中の仕事の是非

妊娠が分かったらすぐに仕事をやめる人もいれば、出産ぎりぎりまで仕事を続ける人もいるようです。
芸能人でも多くの人が妊娠中であっても仕事を続けています。
また芸能人であるからこそ、好きな時まで働けて好きな時に仕事に復帰できるという流れがあります。
一般人である私達にとっては、妊娠中の仕事は大きな問題でもあります。
いつまで続ける事ができるかというのはその時になってみないと分からないのです。

特に高齢出産の場合、体に与える負担は大きいとされています。
高齢出産の人ほど仕事を続けている場合が多いのです。
それなりのキャリアを積んでおり、仕事も楽しいと思えるため、やめるのも惜しいと考える人もいます。
妊娠中はお腹が大きくなればなるほど、腰痛を抱える人も少なくありません。
1日のデスクワークをこなすだけでも大変になってきます。

逆に仕事が妊娠からくる不安に対してのストレス発散になるという人もいます。
高齢出産の場合、今までずっと働いてきた分、仕事をやめて家にいるよりも仕事をしていた方がいいと思う人もたくさんいます。
人それぞれですが、高齢出産は若い時に比べてリスクが高くなっています。
いくら仕事があっても、体調が悪い時は仕事を休むということも大切です。
また高齢出産は安定期と言われる時期がないとも言われます。
つわりが終わって、安定期に入ったから安心というわけにはいきません。
妊娠中毒症や早産といったケースが高齢出産の場合は多いので、体に気を配りながら仕事をしましょう。
posted by 高齢出産芸能人 記録の細道 at 17:47 | Comment(0) | 妊娠中の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不妊治療をする

高齢出産を経験した人の中には、若いうちは仕事をしたいからあえて出産しなかったという人もいます。
しかし、中には子供ができず不妊治療の上で高齢出産になったという人もいます。
さらに高齢出産になればなるだけ、妊娠できにくい体になるので不妊治療を選択する人もたくさんいます。
芸能人で言えばジャガー横田さんなどが不妊治療を経験しているのは有名ですね。
実際に不妊治療を経て出産をした芸能人もたくさんいるのです。

そもそも不妊とは避妊をしないで、2年以内に妊娠できない場合をさします。
特に35歳をすぎると女性の場合は卵子の劣化などや男性の場合は精子の数の減少が原因で不妊になるとも言われています。
35歳以上で第一子を出産する場合、3人に1人は不妊といわれるほど多いのです。
不妊治療をするにあたって大切なのは夫婦で検査を受けることです。
女性に原因があると思われがちですが、意外と男性に原因がある場合もあるのです。
それを知った上で不妊治療をしましょう。
高齢出産の場合、不妊治療の一環として体外受精をすることが多いようです。

また仕事をしている場合、不妊治療はなかなか受けづらいものです。
排卵日などが毎月決まっているわけではないので、なかなか検査のために仕事を休みにくいという人もいるのではないでしょうか。
出産後を機に仕事をやめるのであれば、不妊治療に専念して仕事をやめるのも一つの手段だと思います。
しかし、仕事を続けたい場合は、上司に相談するのが一番理解を得られる方法になるでしょう。
posted by 高齢出産芸能人 記録の細道 at 17:45 | Comment(0) | 不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高齢出産のリスク ダウン症

高齢出産のリスクとして、よくあげられるのがダウン症です。
ダウン症は染色体異常により偶発的に発生するものとされています。
高齢出産であれば必ずダウン症になるというわけではありませんし、若いからといってダウン症の子供が産まれないというわけでもありません。
実際に多くの芸能人が高齢出産を経験していますが、必ずしもダウン症の子供が生まれているわけではないのが分かると思います。
もちろん芸能人の方でもダウン症の子供を育てているかたもたくさんいらっしゃいます。

しかしながら35歳の場合だと300人に1人、40歳以上だと100人に1人という確率でダウン症の子供が産まれる確率が高くなるとされています。
もちろん女性にだけ原因があるわけではありません。
男性の年齢があがればあがる程、ダウン症の確率は高くなるのです。

ダウン症の子供は他の子に比べると運動能力や知能の発育に後れが見られます。
また心疾患といった合併症を伴う事が多いのです。
少し前までは短命であるとよく言われていましたが、今では平気寿命も確実に延びているようです。

ダウン症の子供かどうかは妊娠中にも検査することができます。
しかしながら、ダウン症と分かると出産しないという人もいるため、病院側も積極的に検査はしてくれません。
そしてその検査結果も100%正しいというものではないようです。
産まれてくる子がダウン症かどうかを考えるよりも、産まれてきた子とどの様に楽しい毎日を過ごすかを考える方が大切ですね。
posted by 高齢出産芸能人 記録の細道 at 17:44 | Comment(0) | ダウン症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。