金融食品文化美容仕事教育旅行人気運勢健康

   トップページ | 新着記事 | 注目サイト

高齢出産は難産が多い!?

高齢出産と聞くと、帝王切開や早産の危険性があるとよく言われます。
またよく耳にするのが難産の可能性が高いということです。

その理由として挙げられるのが20代の女性に比べると産道が硬くなっている点です。
他にも子宮口が開きにくかったり、陣痛やいきみがよわかったりするのも原因の一つとして考えられています。
その結果、出産時間が長くなり、難産と言われるのです。
あまりにも時間がかかる場合には母子のことを考えて帝王切開になることもあります。
高齢出産で帝王切開が多いと言われる要因はここにもあるのです。
ただ、難産が多いという話を聞きすぎて、余計な緊張により難産を引きおこすこともあるそうです。
リラックスすることも難産を回避できる一つの手段なので、あまり考えすぎないのも大切ですね。

芸能人でも難産を経験している人はたくさんいます。
中でも高齢出産をした芸能人で難産だったと言われるのがジャガー横田さんです。
45歳で出産を経験したジャガー横田さん。
出産にかかった時間はなんと36時間。かなりの時間陣痛と戦ったのです。
難産と言われていますが、無事に自然分娩で産むこともでき、また元気な赤ちゃんが産まれてきてくれたことはかなりの喜びだったようです。

このように芸能人の方で、高齢出産をした話を聞くと自然と安心感がでてきます。
難産であっても、元気な子供が産まれてくれればいいのです。
出産に対する不安は大きいですが、難産を経験した人の話を聞くのも安心感を得る一つの方法かもしれません。
posted by 高齢出産芸能人 記録の細道 at 17:49 | Comment(0) | 高齢出産は難産か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。